これであなたもうどん通!

うどん通になる!

うどんを100%味わい尽くす!

ラーメン、そばに次いで有名な麺類として、うどんがあります。
この麺は小麦粉から作られており、そのコシのある食感が特徴的です、コシを出すために足で踏む場面を見たことがある人も、多いのではないでしょうか。
そばが風味重視ならば、うどんはコシ重視と言えます。
食べ方も色々あり、かけ、ざる、釜揚げ、ぶっかけなどがあります。
まずはかけ、かけは名の通りダシを麺にかけたものです。
こちらは関西だと薄く透明なダシが一般的ですが、関東では醤油をベースにした濃い色のダシが多いです。
ざるは用意されたツユに、麺をさっとくぐらせて食べます。
ツルツルとした喉越しを味わいたいときにはおすすめです。
そして釜揚げ、これは茹で上がったものをそのまま食べることを指します。
この食べ方だと、麺本来の食感や風味がはっきりと表れるため、よほど美味しい、もしくは自信がある店が勧めるような食べ方です。
最後にぶっかけ、ぶっかけは麺に直接ツユや薬味をかけてしまう食べ方です。
こちらも麺本来の性能が大切なため、主に有名店や本場で食べるときに試してみたい食べ方だと言えます。
うどんを食べる際にもう一つ重要なのが、すすり方です。
慣れていない人は最後まですすり切れず、口の中で噛み砕いてから飲み込んでしまいます。
喉越しを味わってみたい人は、すすり方を練習しておきましょう。

コシのある洋風うどんが人気

和食で人気のうどんは近年、オシャレな洋風スタイルのメニューに変身しています。
パスタで人気の生クリームやチーズを使ったソース、トマトソースをアレンジして和風パスタのように楽しめるお店もあります。
パスタよりも麺にコシがあるので食べ応えもあり、サラダとアレンジしてヘルシーに食べる事も出来ます。
熱々の麺、冷たい麺にもどちらにも合い、一年中通して楽しめる食材です。
簡単にお昼を済ませたい時、お弁当のおかずにもなるので、まとめ買いできる冷凍うどんも人気となっており、茹でるとすぐに食べられます。
他の食材と混ぜたり、焼いたり、鍋にも使えるのでメニューの幅が広がります。
また、うどんは茹でる時間によって歯応えが違います。
通常の太さの麺は食べ方にもよりますが、7~8分が目安で細い麺なら3分~5分程度、太い麺なら12~15分を目安にするといいでしょう。
茹で上がったらぬめりを取るために水で洗い流し、その後にソースにからめていきます。
近年はスーパーで温めるだけで出来上がるパスタソースの種類も増えているので、色々なソースの味を楽しみたい時には市販品を使用すると簡単です。
お子さんにも食べやすく、トマトやクリーム味なら喜んで食べてくれます。

『うどん』 最新ツイート

@nya_ngchang

さて、かき揚げうどん食べながらcancam読む〜♪そぉ〜とすする(っ´ω`c)

25秒前 - 2015年05月25日


@Yutai501

うどん食いてぇな

30秒前 - 2015年05月25日


@tanbe823

そして千枚田、塩田からの昼飯! 能登海藻うどんと天然塩むすび! 全部今まで見てきたものからできてるとか感動(´;ω;`) http://t.co/qCdmwvijGA

33秒前 - 2015年05月25日


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) うどん通になる! ALL RIGHT RESERVED